006相模野カントリー激坂

昨日、西の暗峠、東の相模野と並び称されるこの激坂
に皆で仲良くアタックして来ましたので激坂アーカイブ
に加えます。

相模野カントリー激坂は町田街道 川尻から相模川の
旧小倉橋に降りて渡って左折、相模川を約2km下った
藤木の消防倉庫(白い建物)横から道沿いに500mで
スタートポイントに着きます。

激坂は20%以上の激坂が4段(見様によっては3段)
が15%前後の緩斜面!!で連結した構造で約1.2
kmです。アプローチ含めても2.2kmと一気に駆け上
がるには長く、じっくり走りながら休む坂でもない特殊な
構造です。

今回、アーカイブ撮影の為に片手ハンドルで途中登りま
したが車の往来も有り極めて危険ですからしない方が!!

08:19 第1号激坂 斜度20%

最初から情け容赦の無い激坂からのスタートです。
が序の口ですので勢いでここは登ることが出来るでしょう。



08:22 第2号激坂 斜度20%


トンネルまで頑張ればトンネル内部は平地ですので休む事が
可能です。しかしこの第2激坂を越えてからが地獄の始まりです。
ここの地点で足の乳酸度30%程度でなくては残りの2激坂は無
理かもしれません。


08:28 ゴール手前 斜度20%弱


第3,4号激坂は連続しており間の緩衝地点が極めて少ない
従ってここを一つの長い激坂と見なして3段坂と言う人もいる。
残念ながら、余りに厳しい3,4号では片手ハンドル走行は不
可能でしたので、最後のゴールシーンのみ撮影出来た次第です

09:07 ダウンヒル


最後に全体を通じてダウンヒルを撮影を決行したが、雨で路面が
濡れて更に車の往来が重なり、極めて危険な為に歩く速度での
撮影と成りました。

所感

昨日はママチャで2回連続でここを登りましたが、走りながら休む
事が難しい(若干は有る)ので、瞬発力のみで戦って1回目9分
二回目も9分代でしたが、レベルは分かりません。

和田、風張とも違うジャンルの激坂だと思います。まあトレーニン
グには最適な距離と斜度だろうと考えます。

にほんブログ村 自転車ブログへ